足まわり

| 未分類 |

自動車を運転していて長年愛用していると、ところどころに異常が見られることがよくあります。
そのようなときに、その異常がどこから起こっているのかを推測できるようになると、自動車の運転がより一層上達し、楽しくなります。

 
例えば、走行中足元から異音が発生したり、ハンドルを切った時に引っかかりを感じたりした場合は、多くの場合足まわりに異常が見られることがよくあります。
特に自動車を動かすために動力をタイヤに伝える、ドライブシャフトと呼ばれる装置に異常がある可能性があります。
このドライブシャフトは自動車を動かすための血管といっても良いくらい重要な部品で、少しの異常がダイレクトに運転者に伝わります。

 
このドライブシャフトは、ハンドルを操作すると可動する仕組みになっており、その可動部分に異変があるとその情報がダイレクトハンドルを通して運転者に伝わるのです。
このように、異音の中には非常に分かり易いものもあります。
万が一異音や異変を感じたら、すぐに自動車整備工場やディーラーに相談や修理に行くようにしましょう。
また、ハンドルが極端に重たくなったなど、運転に影響が出て来る異変を感じた場合は、運転をやめレッカーを呼ぶようにしましょう。